薬膳料理家・阪口すみと行く!!全国・食の宝を探す旅(群馬県・下仁田編)ツアーレポート【2015年11月14日】

「桑葉の魅力発見!&生こんにゃくをつくろう!」ツアーレポート

下仁田の食材満喫薬膳BBQの旅-2015年11月14日が行われました。

企 画:下仁田町観光協会・漢方キッチン
協 力:キヤンプカーマガジン 

下仁田の自然あふれる農業体験と、おいしい薬膳料理を満喫しました!

薬膳は、食材の持つ力をいただいて、カラダの本来のパワーを引き出す中国医学の考え方です。だからこそ、「どんな風に育てれた」食材を「どんな風に食べるか?」がとても大切なんです。下仁田の美しい渓谷でいただく食事は、おしいさも格別カラダの野生がよみがえる、そんなイベントになりました。

ProgramⅠ:こんにゃくワークショップ

こんにゃくのプロ「神戸万吉商店」の3代目、神戸隆介さんが、収穫や作り方を直接指導。収穫した 生芋で、こんにゃくづりを体験しました。「生芋こんにゃく粉こんにゃくはこんなに違う!」「おいしの作って何日目?」違う!」 など

阪口1

ProgramⅡ:BBQ&阪口すみ オリジナル桑の葉の薬膳

メニュー:下仁田ネギの大名焼き・ぐんま豚のグリル、神戸さん家のこんにゃく・桑の葉を使ったグリーンカレー桑の葉ドルマ・桑の葉アイスなど、下仁田の味覚がどっさり

阪口2

ProgramⅢ:有機の桑についてのミニ講座

生産者の神戸隆介さんによる「桑づくりのこだわり」。阪口すみさんから、「薬膳からの見た桑の効能」の楽しいおはなし。血糖値を下げ、ダイエットにも高い効果があることで、「不老長寿の妙薬」として、世界からも、今、注目されている桑の野菜としての魅力を再発見しました。

阪口3

ProgramⅣ:道の駅DEお買い物&おみやげ

神戸さんの力作、桑の抹茶など、「桑の3点セット」と道の駅からの下仁田野菜のプレゼントがありました。

阪口4

薬膳研究家 阪口すみ プロフイール

国立北京中医薬大学日本校講師 ・ 株式会社 漢方キッチン代表

91年より95年まで北京留学。薬膳専攻では、日本人初めての国費留学生として北京中医薬大学に学び、付属病院と薬膳レストランで臨床と実習を行う。1999年株式会社漢方キッチン設立。東京目黒にて薬膳料理教室を開催。企業や自治体での薬膳を取り入れたメニューの開発など、実績多数。

http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/blog-entry-467.html (下仁田に関するブログ)

http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/blog-entry-468.html (下仁田に関するブログ)

株式会社 漢方キッチン TEL 03-3791-4857 
公式サイト 
http://kanpokitchen.com

◆平成28年もツアーを企画予定です。
お問い合わせ:info@shimonitatown.com まで 

薬膳は、食材の持つ力をいただいて、カラダの本来のパワーを引き出す中国医学の考え方です。だからこそ、「どんな風に育てれた」食材を「どんな風に食べるか?」がとても大切なんです。下仁田の美しい渓谷でいただく食事は、おしいさも格別。カラダの野生がよみがえる、そんなイベントになりました。

関連記事

イベントカレンダー

イベントカレンダー一覧はこちら

トピックス・注目

  1. 下仁田こんにゃくの美味しさに感動して思わず作曲してしまったこの曲。 こんにゃくへの愛がもりもりに…
  2. 〈群馬を味わおう 第1弾〉 クアトロ・スタジオーニ マリエール大田 × 下仁田の素材 美食コレボレ…

ツアーレポート

  1. ハイキング・アウトドア向けのお弁当です。 価格:680円~      …
  2. 店舗・サービス情報 ご当地グルメとして、地元にも観光客にも大人気の下仁田コロッケ。下仁田こんにゃく…

Language

マリエール太田美食会(下仁田編)PR動画

下仁田町PR動画

アーカイブ

サイト運営管理者

(社)下仁田町観光協会
〒370-2603 群馬県甘楽郡下仁田町大字馬山3766-11
電話:0274-67-7500
FAX:0274-67-7501
info@shimoitatown.com
お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る
Language »